にきび 治療

にきびって思春期だけではなく、大人になっても嫌なものです。
にきびは顔だけではなく、頭皮や首、背中などにも出るので性質が悪いものです。
背中は脂腺も多く、入浴時に洗いにくいこともにきびが出やすい原因になります。
にきびはその状態によって、黒にきび、赤にきび、黄にきびの3段階に分けられます。
にきびの原因には、睡眠不足や便秘、栄養の偏った食事なども含まれます。
にきびができないようにするためにも、お化粧をしたままや汗をかいたままで寝ないようにしましょう。
また、睡眠も大切なのでホルモンバランスをくずさない様に不規則な就寝を繰り返さないようにします。
レーザー治療など美容外科ではにきび跡を治すための治療を行なっています。
レーザー治療は、その人の症状に合わせたレーザーを照射することでいろいろなにきびに対応できるようにしています。
ケミカルピーリングは角質層を削って毛穴をふさぐ原因をなくしますが、保湿力が低下したり紫外線に弱くなるという欠点があります。
ビタミンC誘導体を使用した治療は、背中だけでなく、あごや首など大人のにきびにも効果を発揮するようです。
にきびが出来ないようにするための基本として、足りないビタミンは野菜やサプリメントで補充するようにしましょう。

経済