レーザー治療

跡が残るかもしれないにきび。いやですね。
にきびが出るのは、顔だけではありません。頭皮や首、背中にもできます。
背中にきびは内向的な性格の人に出来やすいとも言われています。
にきびの3段階のうち、黄にきびと呼ばれるのは膿を持って黄色く腫れてしまった最終段階です。
ホルモンバランスが安定しない10代は特に皮脂が過剰に分泌されるので、毛穴がつまることがにきびの原因になります。
にきび予防のためにも、化粧を落とさないままや汗をかいたままで寝てしまうのは厳禁です。
また、便秘を避けるためにも水分をしっかりとって適度な運動を心がけます。
美容外科では、にきび跡を治療するためにいくつかの治療方法を行なっています。
レーザー治療を受けると、肌内部からのコラーゲン生成を活性化できるので、肌の再生を促進させてくれます。
ケミカルピーリングは、薬品でお肌の角質層を削る方法で、最近は家庭用にケミカルピーリング用の石鹸なども売られています。
きび跡(クレーター)にも効果があると見られています。
にきびが出来たら、出来るだけ触らないようにして刺激を与えないようにしましょう。

経済