背中ににきび

思春期のころのにきび跡が気になる方はいませんか?
思春期のにきびは主におでこや鼻のまわりに出やすい傾向があります。
背中のにきびはホルモンバランスの乱れでも出やすく、大人の男性に多い傾向があります。
にきびの3段階は、初期の黒にきび、中期の赤にきび、最終段階の黄にきびに分けられます。黄にきびは、膿を持って黄色く腫れている状態です。
にきびの原因には、睡眠不足や便秘、栄養の偏った食事なども含まれます。
にきび予防のためにも、きちんと洗顔をして余分な皮脂を洗い流し、厚くなった角質を取り除きましょう。
また、内臓を圧迫して内臓不良を起こさないように正しい姿勢を心がけます。
にきび跡は、レーザー治療などで治すこともできます。
レーザー治療を受けるときは、専門医にしっかりとカウンセリングを受けるようにしてください。
ケミカルピーリングを行なうときは、お肌に合った濃度の薬品を使わないと皮膚炎を起こすことがありますので、肌が弱い人は注意が必要です。
以前はビタミンC誘導体療法を行なっている皮膚科も少なかったのですが、最近は補助的なにきびケアとして多くの病院で実施されています。
にきびが出来てしまった時は、炎症が起きない様に髪の毛は顔にかからないようにして、できるだけ触らないようにしましょう。

経済