にきび跡

若いころはもちろん、大人になってもにきびの悩みはありますね。
思春期のにきびは主におでこや鼻のまわりに出やすい傾向があります。
大人になって体の不調から出るにきびはフェイスラインやあご、首などにできやすくなります。
にきびは毛穴がつまった程度のものから、少し炎症を起こして赤くなった状態、化膿してしまった状態まで3段階に分けられます。
にきびにはストレスや、便秘、思春期だとホルモンバランスのくずれなど、様々な原因があります。
にきび予防のためにも、きちんと洗顔をして余分な皮脂を洗い流し、厚くなった角質を取り除きましょう。
にきびで傷ついた肌を修復するためにも、12時には就寝できるように心がけましょう。
にきびの跡が残ってしまったら美容外科などに相談をしてみてください。
レーザー治療は、その人の症状に合わせたレーザーを照射することでいろいろなにきびに対応できるようにしています。
ケミカルピーリングはにきび治療以外にもベビースキン効果があると言われます。
ビタミンC誘導体を使用した治療は、背中だけでなく、あごや首など大人のにきびにも効果を発揮するようです。
にきびが出来てしまったら、油分の多いクリームはできるだけ少量の使用にしましょう。

経済